#04 アフィリエイトの種類

あなたは 未登録会員 or ログインしていません

実はアフィリエイトと言っても方法は様々です。
ここがわからないことには何をやってよいかわからないと思うので、各手法の特徴を解説していきます。
まずは、どんなものがあるのか下記に並べてみます。

アフィリエイトの手法は大きく分けて4つ

  1. ブログアフィリエイト
  2. SEOアフィリエイト
  3. PPCアフィリエイト
  4. メルマガアフィリエイト

2と3に関しては、サイトアフィリエイトと括っても良いかと思いますが、ここではわかりやすくするため、あえて分けていきたいと思います。
それでは、1~4に関して、説明していきたいと思います。

ちょっとその前に・・・

実は、その前に知っておいてもらいたいことがあったので、先に説明させてください。
まず、この1~4以前に、皆さんが何をアフィリエイトするのか、ここにおいても方法が大きく異なります。
手法以前に「何を?」が大前提になるということですね。

アフィリエイトの種類

この「何を?」ですが、大きく分けて3つあります。
この3つについて少し説明させて頂きます。

物販商品

アフィリエイトの種類

まず1つめが「物販商品」です。
物販商品とは「手に取ることの出来る商品」だと考えて下さい。
ASPにある商品の多くは物販商品です。

  • 化粧品
  • 電化製品
  • 食材
  • お酒 etc

サービス商品

2つめはサービス商品。これは「手に取ることの出来ない商品」です。
例えば、

  • 英会話教室
  • ホットヨガ
  • 生命保険
  • アミューズメント etc

これらは手に取る子の出来ない商品、サービスですね。

情報商材

最後の3つめは情報商材と呼ばれる電子書籍や映像コンテンツとなります。こちらも「手に取ることの出来ない商品」です。
通常のASPでも「英会話教材」や「投資教材」等の情報商材がありますが、数は少ないです。
情報商材をアフィリエイトする場合は、情報商材を専門的に扱うASP(インフォトップ等)に登録する必要があります。

おすすめは?

Yカレッジが推奨するのは、1と2のアフィリエイトです。
情報商材はしっかりと見極めれる選定眼が無いと失敗してしまうことが多いです。
その理由は、情報商材は本当にピンキリだからです。
とても有用的な商材も数多く存在しますが、それ以上に誇大表現を使ったタイトルで購入を仰ぐ中身の薄い商材が多く存在します。
もちろん、購入する側も気をつけなければいけませんが、アフィリエイトする側も気をつけるべきです。
当サイトYカレッジでは1と2のアフィリエイト手法を中心的にお教えさせて頂きたいと思います。

それでは、次回のレッスンからは

  1. ブログアフィリエイト
  2. SEOアフィリエイト
  3. PPCアフィリエイト
  4. メルマガアフィリエイト

について説明していきますので、じっくり焦らずに読み進めていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ