#06 売れる広告文とは

あなたは 未登録会員 or ログインしていません

広告タイトルの考え方

広告文について説明させて頂きます。
広告文はユーザーの目に直接触れる部分ですので、購入率やクリック率に大きく影響します。
たくさんの例を出して説明していきますので、わからない部分は何度も読み返していきましょう。

太文字機能を有効活用しましょう

ヤフープロモーション広告

少しわかりづらいですが、「ヤフープロモーション広告」とURLの「yahoo」の部分が太文字になっています。
検索したキーワードが「ヤフープロモーション広告」なのでこの二つが太文字になっています。(yahooが太文字になっているのは、ヤフーとyahooを同単語として自動的に判別くれているからです。)
つまり、この広告タイトルには一番ターゲットとするべきキーワードを積極的に入れていくべきです。

広告作成例

商品名:プレミアムスキンケアEX
キーワード:プレミアムスキンケアEX【完全一致】

良い例、
プレミアムスキンケアEX/通販

悪い例、
今大人気のスキンケアはこちら!
口コミで話題のスキンケア商品

このようなタイトルはNGです。
せっかく商品名ズバリのユーザーを呼び込めているのに、全く意味がありません。

ユーザーの気持ちになって考えることが重要

自分自身に置き換えてみてください。
自分が探しているものを検索したときに、迷わせるようなタイトルは絶対にクリックしないでしょう。
さらに言えば、探しているものかどうかが定かではない広告は絶対にクリックしないでしょう。
とにかくユーザーの気持ちになって考えることが重要になってきます。

実際の広告を見ながら考える

それでは・・・たった今欲しい物を検索してみてください。直感的で良いです。
検索した後、PPC広告を確認して頂き、クリックしたくなった広告文をメモしてみて下さい。

ちなみに私は今アーロンチェアが欲しいのですが
検索してみた結果

アーロンチェア検索結果

このように表示されました。
まず下位の2つは私の中では論外でした。

クリック候補除外

ハーマンミラーってなんだ?
欲しいのはアーロンチェアなんだけど・・・
中古?
欲しいのは新品のアーロンチェアだし!

となると有力なのは
上位の3つです。

クリック候補3つ

『激安』や『即納』はとても惹かれるワードです。
私は結局一番上に表示された「即納在庫あり」の広告をクリックしました。
あなたもきっと私のように「こんなの押すか!!」といった広告文を見つけたのではないでしょうか?
その感覚を大切にしてください。

使用可能な記号とできない記号

広告文にはまず大前提として使用して良い記号と使用してはいけない記号があります。
必ず頭に入れておきましょう。

詳細は以下のリンクからご覧いただけます。
使用可能な記号種別(PC・スマートフォン・タブレット)
固有名詞での使用例
記号の連続使用例
括弧の使用例
スペースの使用例
その他注意事項
禁止事項
文字、記号の使用例

広告文の考え方

まずは必ず広告主のサイトにアクセスし

  • キャッチフレーズ
  • キャンペーン内容
  • 商品価格
  • 特典有無
  • その他商品の強み

等を確認してください。
これは非常に重要なことです。

ここは具体的な例を出していきたいので、実際の商品を使っていきます。

広告作成文言探し例

このページだけでも使いたい文言がたくさんあります。

  • 3年連続No.1
  • 84万台突破 833万本販売
  • 美顔器口コミランキング1位獲得
  • ジェルとセットで980円
  • 30日間返金保証

早速この文言を使用して広告文を作成していきましょう。

【良い例】
美顔器口コミランキング第1位獲得
専用ジェルとセットで980円!/提携

【悪い例】
激安!公式サイト通販
どこよりも安い通販はこちら/提携

いかがでしょうか。
もちろん人によっては悪い例としている方が良いと思うかもしれませんが、圧倒的に怪しい感じがしませんでしょうか。

広告文面で大切なのは
■ユーザーのメリットをわかりやすく
■「怪しい広告」感を感じさせないこと
この2点です。

この点を意識してユーザー目線で作成すれば、良い広告文面ができます。

使用できない広告表現

広告文の作成時の注意点として、「薬用」や「美容成分~配合」や「美肌」等はガイドラインに抵触する可能性があります。
もちろん、文面を変えれば再出稿が可能です。
最初の内は気にせずにどんどんと出稿していき、何がダメなのか、どの程度ならOKなのかという感覚を養ってみてください。
審査落ちした広告に関して、Yahoo!プロモーションのサポートにTELをすると具体的な修正方法を教えてくれる場合があります。
是非、ご活用ください。

それから、参考までに下記PDFにて薬事抵触事例を確認してください。
(※クリックするとPDFをダウンロードできます。)

薬事抵触事例集【健康食品】>>
薬事抵触事例集【化粧品】>>

以上が広告文の作成になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ