#06 ASPに登録するには

あなたは 未登録会員 or ログインしていません

ASP登録に必要なものは?

ASPとは「アフィリエイトサービスプロバイダ」の略です。
ASPはアフィリエイトを行う上で必ず登録が必要な代理店です。
ASPに登録しないと企業の広告を自分のサイトに掲載することは出来ません。
この点がまだ理解できていない方は「アフィリエイトの基礎(前8回)」を再度読み直してみて下さい。

では登録するには何が必要か、確認していきましょう。

連絡手段となるメールアドレス

■メールアドレス

広告提携の可否連絡や報酬金額変更、案件紹介等、重要な連絡がASPからメールで届きます。
できれば各ASP用のアドレスを取得することをオススメします。
1つのアドレスだけで行うと、後々の管理が非常に大変な作業となります。
アドレスは契約したサーバーで取得することが可能です。
Xサーバーでしたら、「サーバーパネル」にログインして頂き「メールアカウント設定」をクリックしてください。

メールアカウント設定

次に、どのドメインにメールアカウントを追加するかを選んでください。
そして、選んだドメインの欄にある「選択する」をクリックしてください。

ドメイン選択画面

「メールアカウント設定」のページが表示されるので、赤枠で囲った「メールアカウント追加」をクリックしてください。

メールアカウント追加選択

下記項目を順々に入力していきましょう。

メールアカウント登録

メールアカウント、つまりこれがメールアドレスとなります。
お好きなアドレス名を設定して作成してください。
ちなみにわかりやすいアドレス名にするのがオススメです。
例えば、登録するASPの名前そのままをアドレス名にするのもありです。

容量を選択できますが、そのままの300MBで十分です。(不足することはまずないと思います。)

コメントも未記入で問題ないでしょう。

入力を終えたら「メールアカウントの作成(確認)」をクリックしてください。

メールアカウント作成の確定

内容を確認し、問題がなければ「メールアカウントの作成(確定)」をクリックしてください。

メールアカウントの追加完了

この画面が表示されたら、メールアカウントの作成は完了です。

広告掲載ホームページと銀行口座

■広告掲載ホームページ

ASP登録時には、どのサイトに掲載するのか「掲載ホームページ」を登録する必要があります。
最初は無料ブログ等を登録しておくこともできますが、皆さんは既にサイトを作成済みなので、ワードプレスのインストールで登録したワードプレスのページURLを登録しましょう。

銀行口座

報酬額が支払われる入金用口座です。

ASPの選択と登録手順

ASPは私が知っている限りでも数十個存在します。(小さいASPを含めれば100以上はあるのだと思います。)
それぞれのASPで同じ広告を扱っていることも多いですが、ASPによって報酬額が異なることも多いです。
YカレッジオススメのASPはこちら>>
「ASP アフィリエイト」で検索をすれば、様々なASPを紹介しているサイトがありますのでそちらを確認して頂き、それぞれのASPの特徴を知るのも良いかと思います。
ただし注意点があります。
初めての方は、まずは1つのASPをじっくりと制覇していきましょう。
1つのASPをしっかりと理解し「何が売れて何が売れないのか」といった感覚を養うことが、今後アフィリエイトを続けていく非常に大事なポイントです。

「(ASP名) 登録方法」で検索を行えば、それぞれのASPの登録手順が丁寧に説明されているASP公式ページを見ることができます。
先に説明したメールアドレス、広告掲載サイトURL、銀行口座が揃っていればすぐに登録ができるはずです。

メールソフトの設定

さきほどXサーバーで登録したメールアドレスですが、どのメールソフトへ設定を行う必要があります。
Xサーバーでメールアドレスを作成しただけではメールの中身を見ることができないのです。
設定手順はこちらに詳しく書いてありますのでどうぞ参考にして下さい。
Xサーバー「メールソフトの設定マニュアル」

YカレッジオススメのASP

YカレッジオススメのASPはこちら>>

サブコンテンツ

このページの先頭へ