品質ってなんぞや

今日はリスティング広告において効果を大きく左右する「品質」についてお話したいと思います。
Yahoo!プロモーションでは『品質インデックス』と呼びGoogleアドワーズでは『品質スコア』と呼びますね。
この品質スコア・品質インデックスのカラクリと上げ方について解説しよう。

品質スコア・品質インデックスとは

リスティングアカウントにキーワードを登録した際に、各キーワードごとに付く成績とイメージしてください。

リスティング広告が世に出回った当初はすべてオークション制で広告の掲載順位が決まっていましたが、これでは予算を多く持っている大企業有利となり、中小企業とっては効果が出にくい広告となってしまいます。

そこで、導入されたのが『品質スコア・品質インデックス』であり、1~10までの数値が付与されます。
数字が大きいほど良いということになります。

品質スコア・品質インデックスはどのように決まるのか

品質はキーワードと広告の関連性や広告のクリック率によって決定されます。

キーワードとの関連性について

登録したキーワード、広告文章、ランディングページ(LP)等の関連性などにより決定されます。
リスティングアカウント上で登録したキーワードがサイト上に記載されていなければ、そのキーワードとの関連性が無いと判断されて品質は下がります。
一方で、登録したキーワードが多く含まれたサイトにリンクされていれば関連性が評価され品質が上がる可能性があります。

クリック率について

リスティング広告のクリック率は品質スコアを決定する重要な要素です。無駄なインプレッションばかり増えると当然クリック率は下がるので適当なキーワード設定はご法度です。

品質スコア・品質インデックスの上げ方

  • リスティング広告で登録するキーワードをランディングぺージに多く含ませる。
  • キーワードを無駄に設定しない。設定したい場合はキーワード毎に広告を作成する。
  • 低い品質が付きがちなBIGワード極力避ける。どうしても設定したい場合は別管理を行い徹底マークする。

以上のような仕組みを理解し、品質の管理を心掛けることでリスティング広告のパフォーマンス向上が期待できますね。

by Yカレッジ

サブコンテンツ

このページの先頭へ